1. DUKEオフィシャル
  2. >
  3. NEWS PRESS
  4. >
  5. NEWS PRESS 記事詳細

よくあるご質問

NEWS PRESS ー 新着情報 ー

音楽プロデューサー保本真吾による新人発掘プロジェクト『Enjoy Music!』=ジョイミュー!とは?!

ARTIST & RELEASE 情報

2021/12/23

音楽プロデューサー保本真吾による新人発掘プロジェクト『Enjoy Music!』=ジョイミュー!とは?!

●これまでOfficial髭男dism 、SEKAI NO OWARI、ゆず、井上陽水、家入レオ、SKY-HI、でんぱ組.inc、Awesome City Club他、数々の作品のアレンジ、プロデュース、サポートを手がけてきた音楽プロデューサー・保本真吾。輝かしい実績と経験値を持つ保本氏が、なんと香川県出身だったということをどれだけの香川県民が知っているだろうか?もはやこれは事件、そして香川の財産ではないか。そんな保本氏がコロナ禍においてふとTwitterでつぶやいた一言が、まさかここまで大きなプロジェクトになるとは、当時誰も思わなかっただろう。


コンサートやライブ本数の減少、スタジオでのレコーディングは厳しくなり、多くの音楽関係者が頭を悩ませた2020〜2021年。激動の年を迎えた中で疲弊する音楽業界、保本氏もその渦中で翻弄された一人である。様々な問題に直面する中で、音楽を作る意味について向き合ったという保本氏。自分には何ができるのか?と、存在意義も含めふとTwitterでこう呟いた…「誰か僕と一緒に音楽を作りたい人はいますか?」。誰かの反応を求めていたわけではなかったが、そこには思いがけず「一緒に音楽を作りたい」という返答が。とにかくその人達に真摯に向き合ってみようと、届いた音源はフルコーラスで聴き、質問には率直な感想を付け加え、Twitter上でもリプライを公開した。この純粋に音楽を評価するという部分が功を奏し、多くのミュージシャン達から保本氏の元へ音源が届くように。ここからプロジェクトの歯車は加速する。そう、燻った気持ちを抱えていたのは保本氏だけではなかった。「あ、こんなにも才能って埋もれているんだと実感しました。音楽に夢と熱量を持って頑張っている人達がまだまだたくさんいるんだなと。コロナで落ち込んでいる場合ではない!と、逆に勇気をもらえました。」 プロ・アマ・性別・年齢等は一切問わず、とにかく垣根を取っ払って音楽を楽しもう!という呼びかけのもと集まった作品を前に、徐々に自分自身が何をすべきか?何をやりたいかが明確に。「この子たちをちゃんとアウトプットできるようにサポートして、新しい波となるように音楽シーンを盛り上げていきたい。」 まさにこれが『Enjoy Music!』のコンセプトとなった。多数のエントリーの中から既に『Enjoy Music New Wave Generations』というタイトルで4作品(VOL.1〜、VOL.2 CHAPTER #1~#3まで)をリリースし、ライブも開催。現在約30組のアーティストが参加し、メジャーレーベルや制作企業等も注目しているという。

 

SNSから生まれたこの類まれなプロジェクト、保本氏自身が無償で音楽に向き合い、本音をオープンにしたからこそ窓口が広がり、安心してチャレンジしてみたい!と思えた参加者も多かったのではないか? これからどんなアーティストが未来へ向け、ここから羽ばたいていくのか『Enjoy Music!』における可能性は無限である。そして「地元香川でこそ、アーティストを育ててみたい。香川からメジャーアーティストが生まれたら面白いですよね!」と目を輝かせる保本さん。そんな日が来たら、筆者も絶対に応援したくなる。我こそは!と思う方々はぜひ気軽に『Enjoy Music!』の門を叩いて欲しい。チャンスは思いがけず、すぐ側にあるのかも。


 

▼Enjoy Music! (ジョイミュー)公式Twitter

@JOYMU_OFFICIAL

-------------------------------------------

保本 真吾

 

@ivanlinco

音楽プロデューサー

◎1973年香川県生まれ。2009年よりプロデュースチーム「CHRYSANTHEMUM BRIDGE」のクリエイターとして、SEKAI NO OWARI、ゆず、Official髭男dism、SKY-HI、androp、井上陽水などのアレンジやサウンドプロデュースを手掛ける。2018年5月にレーベル『SLIDE SUNSET』を設立し事業を開始。楽曲提供や映画・ドラマの音楽、ライブ音源制作やコンサートのサウンドプロデュースなども幅広く手掛けている。

よくあるご質問