1. DUKEオフィシャル
  2. >
  3. NEWSPRESS 記事一覧

よくあるご質問

NEWS PRESS ー 新着情報 ー

すべて      お知らせ      ARTIST & RELEASE 情報      DOMO PRESS     

ARTIST & RELEASE 情報     2018/05/30
「 B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” 」7/4 リリース!!
最新アルバム『DINOSAUR』を体現した “LIVE DINOSAUR” ツアー、待望のリリース決定!
会場を最大限に使用するスタジアムモードで行われた、さいたまスーパーアリーナ公演の模様を全曲完全収録!!...  続きを読む
DOMO PRESS     2018/05/01
森恵 インタビュー!
4年振り、初のセルフ・プロデュースアルバム『1985』が4/25にリリースとなった森恵。彼女の真骨頂である、フォーキーでロックな楽曲を全面に押し出し、ライブ感満載に仕上がった本作は、新鮮なのにどこか懐かしく、まさに森恵が培って来た『音楽人生』と呼ぶに相応しい1枚。アルバム完成に寄せて話を聞いた。...  続きを読む
DOMO PRESS     2018/05/01
倭−YAMATO インタビュー!
世界を駆け巡る和太鼓パフォーマンス集団『倭−YAMATO』。1993年結成、奈良県は明日香村を拠点に集団生活を営みつつ、これまでに世界54ヶ国・700万人を動員。圧倒的なライブ力は、海外でも高い評価を受け、【肉体の音楽】等と称され多くの人々が魂を揺さぶられてきた。今こそ、“和太鼓”という既成概念を捨て、日本人に最も見て頂きたいステージの一つ。チームから小川正晃(代表)、香川県出身の加藤純、ムードメーカーでもある二戸未利華に話を聞いた。...  続きを読む
DOMO PRESS     2018/05/01
NakamuraEmi インタビュー!
メジャー3作目のアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』は、彼女が他者との関わり合いから新たに感じられた思いが込められているという、“人間の温度”を感じる作品だ。言葉一つひとつに思いが込められた彼女の歌のように、インタビュー中も自らの気持ちを丁寧にじっくりと聞かせてくれた。...  続きを読む
DOMO PRESS     2018/02/22
ハジ→ インタビュー!
心に寄り添うような歌詞、リアルな心情を描いた楽曲で多くの共感と支持を集める“シンガーソング・エンターテイナー”ハジ→。全国ツアーのスタートを切ったばかりの彼にメールインタビューを敢行!気になるツアーの内容、楽曲への想いを聞きました!...  続きを読む




ジャパハリネット インタビュー!

DOMO PRESS

2018/11/02

JAPAHARINET ----interview①

201510月、8年振りに再結成したJAPAHARINETから、なんと11年振りにアルバムが届いた。その名もRE:JAPAHARINET』。リバースとかリスタートを想像させるタイトルを掲げ、今の4人が出来る事・やりたい事をこれでもか!と詰め込んだ痛快作は、今の大人達にこそ聴いて欲しい一枚。いい感じで肩の力が抜け、いい意味で馬鹿もやれる今のJAPAHARINETは無敵!本作を前に、Vo.城戸けんじろに単独インタビュー。
text&photoaco yamazaki
 
 
★NEW AL『RE:JAPAHARINET』11/7 ON EALE!
LIVE2019.3/9 (松山WstudioRED



「これ何年振りのインタビューですかね?このアルバム出すまでで11年かかっっとるから少なくとも11年はあいとるんすよね…(笑)」

■ね!私ももう忘れた(笑)っていうくらい。ただ解散の時もきちんと話を聞けてないから下手したら15年くらいはちゃんとインタビューできてないかも?
「ヒィィィ〜〜〜!!(笑)」

■でも何だろ、ライブも見てたし、そこまで久々な感じもしないから変な感じだよね(笑)
「ねぇ〜。確かに。今日は宜しくお願いします!」

■で、11年振りに出ると…アルバムが!凄くない?11年て。しかもこの間に解散と再結成があるっていう
「や、本当にそうで、そういう風に考えた事はなかったけど、改めて数字にしてみると凄いですよね。ただ僕らって解散から8年間が空いて、再結成して3年一緒にやってるから、結果11年空いたっていう感じはそこまで無くて…感覚としては5・6年くらいなんですよね。だからどっちかっていうと再結成して3年経ったっていう実感の方が大きいかな」

■なるほど。とは言え、久しぶりにアルバムを作るってどんな感じだったんだろう?
「んーまず今までと大きく違う所は、年1回必ずアルバムとシングルを出すっていう契約があったけど、今は期限も自分らで決めるってところで。再結成してすぐに音源の話しも出たけど、ライブをしたいっていう気持ちが強かったし、もっと言うと最悪ライブが出来なくてもスタジオで音合わせ出来たらいいねっていう感じだったので…音源に関してはちょっとやりながら考えようって、僕らの再結成ってそんな感じだったんですよ」

■そうだったんだ。順当に行くと、再結成のタイミングで何かしらのリリースがあっても不思議じゃないもんね
「普通に考えるとそっちの方が商売繁盛しそうだし(笑)ただ僕らは今までの活動スタンスとは違って、限りなく趣味に近い(きちんと仕事を持ってるメンバーもいるから趣味じゃないと出来ない)感じなので。だから言い分としてはリリースを伴う再結成じゃなくていもいいやんって。そんな感じでライブを中心に活動を行う中で、再結成一発目の曲『プライマルエイジ』(アルバム4曲目に収録)が出来て。そこから活動するにはやっぱり曲作りしないとなっていうのが自然に出てきて、でアルバムを出すっていう目標も出てきて、そうなってから仮の期限を作って動き出し、で、仮の期限が延び(笑)、ツアーの途中にリリースっていう感じに…。それでもアルバムを2018年に出す!っていう目標を設けてそこに向かう4人のモチベーションは昔と変わらずなんやけど、今回のリリースにかかった期間っていうのは今までと全く違って長くなりましたね」

■実際シングルで出した『プライマルエイジ』が2016年の9月リリースだったから、アルバムの制作に関しては2年以上かかってる事になるのかな?
「そうですね。一大スペクタクルになってますよね(笑)」

■過去にそこまで時間をかけた作品ってある?
「きっとインディーズの頃に出した『満ちて来たる日々』くらいですね。まぁその時は曲がなかったから必然的にそうなりましたよね」

■なるほど。今回の作品に関して言うと、自然と曲を作るっていうモチベーションになってからアルバムになるまでに、そのくらいの期間が必要だったと
「そうですね」

■アルバムの楽曲は今回もかっしー(Ba.鹿島公行)がほぼ全てを?
「うん、そうです。僕も曲を持っていったけど今回のには入らずで」

■じゃぁ、かっしーからの楽曲お披露目みたいなのがあったのかな?
「そう、僕らは新曲披露っていうのがあるんですよ。練習の合間に時間を見つけてね。大体一ヶ月のスケジュールが出てこの日にスタジを入るっていうのが決まったら、ちょっと前にこの日は新曲披露にします!だから楽器はいらないけど録音機材だけ持って来て!っていう連絡があるんですよ(笑)で、今回のアルバムに関して言うと7〜10曲くらいは新曲披露があったと記憶してますね。そこから基本的には多数決で決定するんですけど、同票になった場合は作曲者に権限があって、どうしてもっていう場合は如何に相手の心を動かすか?!(笑)いつもそんな感じなんです。で、誰か一人でも納得がいかない場合は、時間の無駄でも両方作り込んでやってみる…。このとりあえずやってみて考えるっていう感覚は4人とも共通で持っとると思います。或いは僕が歌ってみて、メンバーの考えが変わるっていう場合もあるし。アルバムを作るっていう時間の配分の中で、どの曲をアレンジしていくかっていう所に今回凄く時間をかけたというか、それは解散前に比べると明らかに違ってたなと」
 

 


 

よくあるご質問