1. DUKEオフィシャル
  2. >
  3. NEWSPRESS 記事一覧

よくあるご質問

NEWS PRESS ー 新着情報 ー

すべて      お知らせ      ARTIST & RELEASE 情報      DOMO PRESS     

ARTIST & RELEASE 情報     2017/07/28
Northern19 よりコメント到着!
MONSTER baSH 2017出演、そして全国ツアーの四国公演に向けて、Gt/Vo笠原健太郎さんよりコメントをいただきました!...  続きを読む
DOMO PRESS     2017/07/27
MONSTER baSH 2017 出演オーディション supported by Eggs〈四国限定〉2次ライヴ審査 Report
MONSTER baSH 18回目の開催にして、初の試み。未知なるアーティストを発見、発掘できる無料音楽プラットフォーム「Eggs」とタイアップして、モンバス出演枠をかけたオーディションを開催。選ばれるアーティストは、全国から1組、モンバスの地元四国から1組。ここでは7/22(土)高松festhalleにて開催された四国オーディションの様子をレポート!...  続きを読む
DOMO PRESS     2017/07/01
稲川淳二インタビュー!
日本の夏、稲川の夏!25周年を迎えた今年は、なんと四国4県での怪談ナイトが決定。この記念すべき四半世紀連続公演『古希』に寄せて、稲川さんご本人へのインタビューが実現!そう…怪談とは怖いだけではない、様々な教えや、浪漫があるんです!...  続きを読む
DOMO PRESS     2017/05/26
怒髪天インタビュー!
1年4ヵ月振りとなる待望のNEW シングル『赤ら月』をリリースした怒髪天。「ビールが美味けりゃオーライ!」というキメ台詞が、日々の煩悶をゆる〜く笑い飛ばしてくれる痛快作。ひめキュンフルーツ缶とのコラボソング『恋ノ猛毒果実(コイノポイズンフルーツ)』や、Vo.増子直純が出演した舞台『サンバイザー兄弟』より、劇中歌『愛の落としまえ』を収録するなど自由度の高い作品に仕上がっている。ひめキュンからは岡本真依(まいまい)・谷尾桜子(さく)がキャンペーンに同席、増子直純に話を聞いた。...  続きを読む
DOMO PRESS     2017/05/16
【Live report】MONSTER baSH presents FESTHALLEcircus
●モンバスが応援するアーティストと、モンバスを応援してくれるアーティストが一緒になり、更にモンバスを盛り上げよう!という趣旨で今年から企画された本イベント【FESTHALLEcircus】が12日夜、約4時間という濃厚かつ濃密な時間を経て無事終了した。以下、本イベントのレポートを簡潔にお届けする。...  続きを読む




林部智史 インタビュー!

DOMO PRESS

2018/07/04

林部智史

阿木煬子(作詞)&来生たかお(作曲)という最強タッグによる書き下ろしの4枚目のシングル『恋衣』(こいごろも)をリリースしたばかり、“泣き歌の貴公子”こと林部智史にインタビュー。美しく透明感のある歌声、特に高音部分の胸に入り込んでくる感覚は、一度聴いたら虜になる。そんな“貴公子”には、数々の挫折を繰り返したという過去があった。

4th SG『恋衣』、1st ALI』 NOW ON SALE!!

LIVE 

7/13()松山市民会館・中ホール 

7/15()高知市文化プラザかるぽーと・大ホール

 

TEXT&PHOTO:門屋奈緒


■デビューまでの道のりが波乱万丈だったようですが、今一度教えていただけますか?

「スポーツ一家だったので最初はプロバスケット選手になりたくて、バスケの名門高校に1浪して入学してバスケに打ち込んでいたのですが、プロへの道が開けないと感じ諦めました。母の仕事の影響で看護学校へ入学しましたが、2年の時に受け持った患者さんの死をきっかけに心のバランスを崩してしまったんです。たぶん心の持ち方が中途半端だった証拠だと思います。看護学校を退学したことは親に理解してもらえなかったし、しばらく引きこもり生活をしていました。そんな時、沖縄に住んでいる姉が呼び寄せてくれて、沖縄での生活で心が回復し、その後は日本一周を目指して一人旅を始め、いろんな場所で住み込みで働きながら全国を転々としていました。とにかく山形の実家には帰らない方向でしたね。この時期は最高に楽しかったのですが、親に対するうしろめたさというのは払拭できず、どこか打ち込めていないという感覚も同時にありました」

 

■音楽の道を志したのはどういうきっかけが?

「北海道で生活している時、とある人物との出会いが僕を音楽へ導いてくれました。『その声で歌手にならないのはおかしい!』と言われ、捨てるものは何もないというところまで来ていたので、歌の道に進むことになったんです。歌手なんてTVの向こう側の世界だったので、そんな道もあるんだと、その時初めてハッとしました。でも何も知らなかったのでそれこそGoogleで‟歌手になるためには“って検索してね(笑)、音楽学校へ行けばいいんだ、みたいな。歌手になる人はみんな音楽学校を出てるもんだと思っていました(笑) 上京してESPミュージカルアカデミーに入学ましたが、看護学校を勝手に退学した手前、両親に学費を頼ることが出来ず、奨学金を利用しながら朝夕と新聞配達をして、2年間もくもくと打ち込みました。今まで習った音楽といえば教室でクラスのみんなと校歌を歌うとかだったから、マンツーマンで音楽を習えることが新鮮で楽しかったです。同級生たちは『25歳までにデビューできなければ』なんて言っていましたが、既に4歳年を取っていた僕は、在学中からオーディションを受けまくり、レコード会社にも資料送りまくっていましたね。その音楽学校は首席で卒業することが出来たので、自分の中では歌に関してはやり切ったという実感もあり、やっと実家に帰ることが出来ました。しかし卒業後も受け続けたオーディションには落ちまくり、合計100以上ですかね。それで歌の道は諦めました。もう一つの夢だったディズニーで働くことを目指して応募したら合格しまして、ディズニーシーのツアーキャストとして働き始めました。音楽学校を卒業する時、恩師から《林部の歌声は音楽側が離さない、きっと音楽側から引き戻されるから、その時は歌の道を進みなさい》と言って頂いていたのですが、その通りになって、TVのカラオケ音楽番組から出演の依頼があったんです。新聞配達しながら歌の勉強して首席で卒業したという面白い経歴の子がいる、ということで(笑) それがきっかけで、再度歌手への道を歩み始めました。歌手を志して約7年、20162月に『あいたい』でデビューとなりました」

 

■数々の挫折を繰り返しながら念願のデビューを果たて、約2年半、ガラリと生活も変わったと思いますが、気持ちの持ち方にも変化がありましたか?

「僕はプロというのはシビアなものだと考えています。これを仕事にできているというのは幸せなことですね。でも今まで完成系というのは想像していましたが、夢の途中に居る自分の姿は想定できなかったですから、デビューはしたもののこの後成功していく人はここからさらに一握りで、僕にとっての完成系というものはもっと高いところにありますので、自分の中では今の状態に決して満足していません」

 

■ルーツになった音楽というのは何かありましたか?

「歌は大好きで、うるさいと言われるくらいよく歌っていた子供でしたが、特にルーツミュージックというのは無いんです。ただ小学校4年生の時に松崎しげるさんの『愛のメモリー』を聴いて、何だこの声の震えは!?と衝撃を受けてビブラートに興味を持ち始め、学校の校歌をビブラート入れて歌っていました(笑)」

 


 

次のページ>>

よくあるご質問