1. DUKEオフィシャル
  2. >
  3. NEWSPRESS 記事一覧

よくあるご質問

NEWS PRESS ー 新着情報 ー

すべて      お知らせ      ARTIST & RELEASE 情報      DOMO PRESS     

DOMO PRESS     2017/05/16
【Live report】MONSTER baSH presents FESTHALLEcircus
●モンバスが応援するアーティストと、モンバスを応援してくれるアーティストが一緒になり、更にモンバスを盛り上げよう!という趣旨で今年から企画された本イベント【FESTHALLEcircus】が12日夜、約4時間という濃厚かつ濃密な時間を経て無事終了した。以下、本イベントのレポートを簡潔にお届けする。...  続きを読む
DOMO PRESS     2017/05/12
【Live report】MONSTER biSH 2017 ~絶対出たいぞモンバス!!~ supported by MONSTER baSH
モンバスに出たすぎるBiSHが自ら出演を賭けて香川県でイベントをやっちゃおう!というのがこのライヴの発端。対バンとしてLONGMAN、EVERLONG 、MISTY、GRN KNOTも参加し、4月29日の高松festhalleは賑やかな夜となった。...  続きを読む
ARTIST & RELEASE 情報     2017/05/09
超特急よりコメント到着!!
カイ(2号車)、ユーキ(5号車)、タカシ(7号車)からコメントが到着!...  続きを読む
ARTIST & RELEASE 情報     2017/05/01
四星球シンガー北島康雄コラム【ライブ泥棒で逮捕】vol.37
【四星球シンガー北島康雄】のコラムVol.37更新しました。 康雄節全開の泣き笑いコラムを今月もお届け致します!...  続きを読む
DOMO PRESS     2017/04/19
BOYS AND MENインタビュー
東海エリア出身・在住の10人で構成されたエンターテイメント集団『BOYS AND MEN』通称ボイメン。歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカル等もこなすというこの集団、今年1月には武道館での初ライヴも成功させ、本格的に全国へと活動範囲を広げるべく、現在“47都道府県ツアー”を敢行中。未知数だが計り知れないパワーを秘めた彼らを代表して、水野勝、田中俊介、本田剛文、勇翔、吉原雅斗にインタビュー!...  続きを読む




【Live report】MONSTER baSH presents FESTHALLEcircus

DOMO PRESS

2017/05/16

Live Report !!
MONSTER baSH presents
FESTHALLEcircus
5/12 (高松festhalle
出演 ▶9mm Parabellum Bullet/アルカラ/coldrain/竹原ピストル/sumika/Sunrise In My Attache Case

 
 
●モンバスが応援するアーティストと、モンバスを応援してくれるアーティストが一緒になり、更にモンバスを盛り上げよう!という趣旨で今年から企画された本イベント【FESTHALLEcircus】が12日夜、約4時間という濃厚かつ濃密な時間を経て無事終了した。以下、本イベントのレポートを簡潔にお届けする。
 
開場して間も無くオープニングアクトを飾ったのは関西を中心に活動するサーフロックバンド【Sunrise In My Attache Case】。心地よい陽射しと風を感じる極上のメロディとメロウなサウンドが会場を包む。すぐそこに波打ち際があるのではないか?と思ったのは私だけではないはず。
 

 
 
▲本編のトップを飾ったのは【竹原ピストル】。「のんびりお付き合い下さい!」と短い挨拶を交わし、勢いよく流れる水の如く滔々と歌い続ける。短い持ち時間の中に圧倒的な数の楽曲(本出演者の中で誰よりも多い曲数を演奏していた)と、圧倒的に生々しい想いを乗せ、もう絶対そろそろ弦が切れるんじゃないか?!というほどに力強く、鉛のように重いサウンドはまさに竹原ピストルという剥き出しの魂そのものだったように感じた。圧巻。
 

 
 
 
▲続いて【coldrain】。興奮と期待で鼻息を荒げるファンの期待に包まれ、異様な空気感を纏った会場。1曲目から爆音が鳴り響くと、客席のリミッターも直ぐに振り切れた。鉄壁のアンサンブルに加え、スクリーム&クリーンヴォイスを巧みに使うMasato。ラウドロックの世界基準へと進化し続ける今のcoldrainの凄味は、正直もう自分の次元で語れるものではないなと実感。この熱量を体感した者だけが味わえる唯一無二の特別な感覚なのだと思う。


 
 
 
▲3番手は【sumika】。「無国籍料理の食べ放題みたいな1日ですがsumikaはsumikaらしくいきます!」というVo.片岡の言葉から始まったライヴ。色とりどりの照明の中、ポップでカラフルなナンバーを楽しげに披露し、場内のボルテージをどんどん引き上げると、あっという間にピースフルな空間が出現。冗談を織り交ぜたMCと音数の多い軽やかなサウンドで全てを包み込み、数えきれないほどの笑顔の花が咲いたステージだった。


 
 
 
▲「待ちくたびれたわ!」とでも言わんばかりに登場した【アルカラ】は、5曲を怒涛のように畳み掛けて演奏。一切途切れる事なく繰り出される楽曲達は、独特の色を纏い、どこまでも変幻自在に会場の空気を変える。「今日はキャラ濃い男ばっかり。多国籍料理の踊り食い!」とsumikaのMCをもじり本イベントを例えると、そこからはノンストップで稲村節が炸裂。出演者もお客さんも全員巻き込んで爆笑の渦に引きずり込んだ。“ロック界の奇行師”がその真髄を十二分に発揮した宴。能ある鷹は爪を隠さない!
 

 
 
 
▲トリは【9mm Parabellum Bullet】。多国籍料理の踊り食いを…さてどんな風に締め括るのか?新旧織り交ぜた、まさに彼らの現ベストを詰め込んだセットリストに、客席のテンションはアガりっぱなし。加えて5/10にリリースしたばかりのアルバム『BABEL』からも新曲を披露。演奏や楽曲の素晴らしさは言わずもがな、ライヴ全体から伝わって来る揺るぎない自信と安定感は流石としか言いようがない。終始ブレる事なく9mmペースに客席を巻き込み、惜しみない拍手喝采と共にFESTHALLEcircusは大団円を迎えた。
 


「俺たちのツアーの打ち上げで話した事が実現して、凄く嬉しい」と9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(Vo.&G.)が言ったように、こうしてアーティスト同士がジャンルの枠を超え、MONSTER baSHというイベントを通じて同じステージを共有する。普段ならありえない対バンが実現するのも、このイベントならでは。全出演者から感じた“モンバス愛”に感謝の気持ちが絶えないと共に、本番に向けて更に気持ちが引き締まる。さて、この中から今年のモンバスにはどのアーティストが登場するのか?!朗報は第3弾発表を待て!
 
 

よくあるご質問